スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
『GOTH』 by乙一


合宿から帰って報告も抜きに本のことを書くのも
如何なもんかと思うけれども。

なにぶん明日からは部活の毎日なので。



ミステリーだった。
『本格ミステリ大賞』受賞作だって知らずに買ってたんだね。
確かに乙一さんはミステリー要素もあるか。

面白かった。
最後でいつも「え? え?」ってなる。
頭のはっきりしない時に読んでたし。

あと夜の章のあとがきで「やっぱり」って思ったけど
俺が読みたかった話ではないかもしれない。
もっと犯人側が殺人を犯すに至る経緯とか、
そういう人格の形成された原因とか、
そういうのが読みたかったかな。

個人的には上巻の夜の章のが好きです。
特に最後の『記憶』。『犬』も良かったけど。



ただ最近本読んだりするとよく「あー…」ってなる。
自分の考えるようなことは大抵先人が居るんだなって。
その「あー…」はそういう意味。

『紅』なんかは本質的な(と思われる)部分はまさにそうだったし。
昨日映画やってたけど『二十世紀少年』ももっと映画化とかされる前に
未来日記みたいなのあったら面白いかなって
有りがちだと思いながらも考えてたし。


あとがきに書いてあったけど
乙一さんは16から書き始めたそう。

ラノベに偏見を持っている人は彼の作品を読むといいと思う。




話が変わってきてしまいましたが。

面白かったです。
スポンサーサイト
[2009/08/22 16:46] | ぶっくす&むーびーず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ねむねむ | ホーム | バナーナ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://someegg.blog73.fc2.com/tb.php/162-cc69870c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。