スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
文化の日
今日は文化の日。

つまり文化的な事をしているべきです。


というわけでとっても久し振りな三題噺。

お題は「千円札」「白馬」「ロッカー」。

字数は638字らしいです。


――――――


「ありがとう!」
ひょこんとお辞儀をしてステージから捌けた。今日も盛況。
さっと着替えると、物販に行って売り子の子と代わる。
お礼を言いながら握手をして、千円札と引き換えにCDを渡す。
次のバンドが始まって、少し休憩。
次々と控室から出てくるメンバーと「お疲れー」なんて言いあって。


こんな毎日がずっと続けばいいと思う。
物心ついた時からライブハウスにいたような私にとって、
こんな生活は小さなころからの夢だった。
だからずっと他にロクな事もせずに、ただギターを弾いて歌ってきた。
私はロッカーだから。
良いメンバーにも巡り会えたし、
もう他に望む事なんてほとんどない。
あるとしたら、
私がロッカーになるよりもっと小さなころからの夢、というか憧れか。


大声で言うのは恥ずかしいけれど、私は白馬の王子様に憧れていた。
ただの憧れで、そんなのがいない事くらい、今は解ってる。
でも、にわかに諦めきれていない時期もあった。

高校の頃の先輩。
乙女なら誰しも一度くらいあるはず。
彼は確かに白馬には乗っていなかったけど、
私にとってのそれは十分に満たしていた。
結局彼にも想い人がいて、
結果的にその彼女と結ばれてしまったのだから、
私の初恋は空しく終わったのだけれど。


だけれどそれっきり。
それっきり私はそんなことに憧れる事は無くなったし、
恋人以上の間柄になるメンバーに出会ったのもそのころ。
それ以来私はその想い出を心に閉まって、
鍵なんか掛けちゃったりして、
ただギターを弾いて歌を歌う。
メンバーと一緒に。

何故なら私はロッカーだから。


―――――――



ええ、その通り。
ロッカーとロッカーをかけてます(日本語でおkw

つまんねーw


前よりも短かったね。



ちなみに午前中は
『夜は短し歩けよ乙女』
を読みました。


なかなかオモチロイものだったよ。
四畳半よりも読みやすいし。

次は何にしようか。
スポンサーサイト
[2009/11/03 14:22] | 三題噺 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<この数日 | ホーム | お疲れさまでした。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://someegg.blog73.fc2.com/tb.php/197-687d2dcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。