スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ワールド文学カップ@紀伊國屋書店新宿本店
行ってきました。
http://bookweb.kinokuniya.jp/bookfair/worldliteraturecup.html

概要は、上のURLを見て欲しいのですが、
世界各国(53ヶ国だそうで)の文学の精鋭が
一箇所(上記店舗二階の催事場)に集い、
しかも650冊全てに
担当スタッフの方が読んだ上で書いて下さった
推薦文のポップが付いてるという。


海外物にほとんど手をつけてない僕は
先立を求めて、と言いますか、
ワクワクとしていたのです。


Life番外編で知って、
でもそれ聞けてなくて
忘れてて
今日クラスマッチ暇だったから聞いて
思い出して
急いで行ったという。
ほんとにワクワクしてたのか僕はw


とにかく推薦文がまとまったブックレットが欲しくって
一度家に帰ってシャワーを浴びて
猛スピードで向かった次第です。


まだ読んでない本が数冊あるので
買うのはまたの機会にしようと思ってたのですが、
一時間強居座ってポップを読んでいるうちに、
読みたい!って本がいくらも。。。
携帯にメモをしました。
しかしそれでも一冊買ってしまったのが

『文体練習』
by レーモン・クノー
訳 朝比奈弘治



リンクを見てもらえば解るのですが
若干値がはるので悩みましたが
あと一冊だったのでつい。つい。

内容は、小説とは言い難い。

ただバスでちょっとした喧嘩があり、
その後喧嘩の当人を駅前で見かける

というだけの内容を
99通りの表現方法で書いてある。
という。

クノー氏の事は恥ずかしながら
知らなかったわけですが実験的作風で有名な方らしく。
まだ全部は読んでないけれども
面白いなー、と思いながら
後々参考になればいいと思っています。

しかし著者は勿論訳者の朝比奈氏も凄い。
フランス語の言葉遊びを日本語で表す。
この前のアリスに通じるところがありますが、
これはそれどころではない。
言葉の巧さに圧倒されつつも
面白さを感じられます。



もしかして
解らないモノの面白さって
こういう面白さなのかな。
でもこれは別に解らなくないし……。





昨日掃除して床は軽く雑巾までかけたのに
窓あいてたせいでもう砂っぽい。
最悪。
スポンサーサイト
[2010/05/06 23:30] | ぶっくす&むーびーず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<なんだか疲れます。 | ホーム | おわったー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://someegg.blog73.fc2.com/tb.php/276-60d796aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。